東濃・中濃地方を中心に、地域に根付いた法的サービスを提供します。

多治見さかえ法律事務所

お問い合わせ

TEL.0572-26-7312(受付時間:9:30~18:00)

当事務所では、法テラス(日本司法支援センター)の行う法律扶助事業は取り扱っておりません。

多治見さかえ法律事務所

個人の方の主な取り扱い分野

離婚
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
  • 離婚したいけれど、夫(妻)と話し合うのが苦痛だ。
  • できるだけ有利な条件で離婚したい。
  • 夫(妻)から離婚を求められているが、どうしたらよいか分からない。
男性弁護士・女性弁護士のどちらかを希望される場合、ご予約時に遠慮なくお申し付けください。
離婚はあなたの幸せな未来を目指した決断であるはずです。戦うべき場面では毅然と戦い、調整すべき場面では柔軟に対応することをモットーに問題を解決し、あなたの新しい生活に向けた決断をお手伝いさせていただきます。

・夫婦の問題
財産分与、慰謝料、婚姻費用など、離婚の際の夫婦の問題に対応します。

・親子の問題
親権、面会交流、養育費など離婚の際の子どもの問題に対応します。

離婚に関する記事はこちら

男女問題(不貞・不倫の慰謝料・交際トラブル)
それぞれの立場の方をサポートします。ご相談ください。
  • 夫(妻)の不倫相手に慰謝料を請求したい。
  • 夫(妻)の不倫相手に、今後、夫(妻)に連絡・接触しないよう求めたい。
  • 高額な不倫の慰謝料を請求されて困っている。
男女問題の場合、本人同士の話し合いでは感情的になってしまい、長期化するケースが多いです。
交渉から解決まで全てお任せください。
夫、あるいは妻に不貞・不倫をされてしまった方からのご相談はもちろん、相手の妻、あるいは夫から訴えられた方、慰謝料を請求された方からのご相談も受け付けております。誰にも相談できず、一人で抱え込む前にご連絡ください。私たちがご相談を真摯に受け止め、不安解消のお手伝いをさせていただきます。

・浮気をされてしまい、不倫相手に慰謝料を請求したい方
請求に必要な証拠集めから交渉まで、少しでも多くの慰謝料を支払ってもらえるようサポートさせて頂きます。

・既婚者と浮気をして、相手の配偶者から慰謝料を請求された方
交渉により、慰謝料を減額したり、ケースによっては支払わずに済むこともあります。

債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)
一人で悩んでいても借金問題は解決しません。
  • 毎月の返済額を抑えたい。
  • 借金をゼロ(又は大幅に減額)にして、再スタートしたい。
  • 住宅等の財産を維持したまま、借金を整理したい。
法的に大きく借金を減らすことができる可能性があります。
借金の返済に追われる中、ご自身で適切な債務整理手続を選択することは容易ではありません。ご相談者様のご事情・ご要望をお伺いし、最適な手続のご提案をさせていただきます。

・自己破産
私たちが代理人となり、自己破産(同時廃止・通常管財・少額管財)申立ての手続を行います。

・個人再生
私たちが代理人となり、個人再生(小規模個人再生・給与所得者等再生)申立ての手続を行います。

・任意整理
私たちが代理人となり、債権者各社と支払方法等についての交渉を行います。

債務整理に関する記事はこちら

交通事故
このような場合、適切な判断をするために、まずは私たちにご相談ください。
  • 保険会社が提示する賠償額が妥当なのか分からない。
  • 保険会社とやりとりするのが苦痛だ。
  • 後遺障害の申請を検討している。
賠償額(慰謝料、休業損害、逸失利益など)の増額交渉、後遺障害の申請手続についてお任せください。
交通事故に遭ったとき、交渉を保険会社に任せてしまう方が多いと思いますが、場合によっては不利な賠償額を提示されるなどの問題も起こりえます。知らないうちに損をしてしまう可能性もあるため、まずは私たちにご相談いただき、その賠償金額が妥当なのかを知りましょう。

相続
それぞれの立場の方をサポートします。ご相談ください。
  • 遺言書の内容に納得がいかない。
  • 遺言書の内容に従って相続手続を進めたいが、自分でやるのは大変なので任せたい。
  • 遺産よりも負債の方が多いので、相続放棄をしたい。
  • はじめての相続で何から手を付けて良いか分からない。
遺産相続は様々な法的知識や手続に関する知識が必要なうえ、親族間のトラブルを引き起こす可能性のあるデリケートな問題です。
一言で「相続」といっても、遺言書の有無や遺産の分割方法、相続される財産とされない財産、相続をしたくない場合の手続など、その問題は多岐に渡ります。そして、揉めている相手は「親族」「家族」であり、問題が解決しても縁が切れることはなく、遺産相続の問題が解決した後もずっと付き合っていかなくてはなりません。
私たちは、ご依頼者様の利益を守ることを最優先事項としつつ、良好な親族関係の維持も考慮しながら解決していくことを目指します。

相続放棄
相続放棄のタイムリミットは、相続の開始があったことを知った時から3カ月間と短いです。
弁護士がスピーディーに対応いたしますので、安心してお任せください。
  • 必要書類を集めるのが面倒である。
  • 忙しくて、手続をする時間が取れない。
  • 亡くなってから3カ月を超えてしまった。
  • 亡くなられた方の借金を請求されて困っている。
オンライン相談もございますので、遠方の方のご相談にも対応することができます。
複数の相続人が一緒に手続きを行えば、弁護士費用が割引(3人目以降は弁護士費用が半額)になりますので、ぜひご利用ください。

遺言書作成
あなたのご希望に沿った内容を一緒に考えます。
  • 残された家族が揉めないように遺言書を残しておきたい。
  • 特定の人に多くの財産を残したい。
  • 遺言書の内容を確実に実行してほしい。
遺言書は自らの意思を反映し、残された家族がスムーズに遺産分割できるよう作成するものです。
ご自身で遺言書を作成した場合、法定の要件を満たしていない等の理由で遺言書が無効になり、ご自身の希望に沿わない相続になってしまう場合があります。問題のある遺言書を作成したために、却って相続人同士の争いを引き起こしてしまうケースもありますので、ぜひ一度弁護士にご相談ください。